お香典はいつ持っていく?横浜の葬儀の流れ

日本各地で微妙に異なる葬儀の作法、その中でも誰もが一度は迷うのがお香典を渡すタイミングではないでしょうか。

よく言われることですが関東と関西では作法が異なっていることが多く、同じ関東の中でも場所によっては細かく異なる場合もあるくらいなので、特に遠く離れた地方から関東地域へのお通夜や葬儀への参列という場合はその戸惑いも大きいものでしょう。

横浜を含め関東ではお通夜と葬儀の両方に参列する場合はお通夜に渡すのが一般的です、両方に参列するからといって二度渡すわけではありません、参列が葬儀の時だけならもちろんその時に渡します。

香典袋は黒白の水引のものを使います、表書きは薄墨を用いて仏式であれば「御仏前」、神式であれば「御神前」、宗派が不明な場合であれば「御霊前」で構いません、裏は折り返しが下向きになるように外側に重ねます。

中包みには新札ではないお札入れて金額や名前と住所を書きます、最近はあまり拘らなくなりましたがお札を人物像が無い裏側で揃え、それを中包みの表側に向けて入れるというのも作法とされていました。

もし、何らかの都合でどちらにも参列できない場合はまず弔電を打ってご遺族の方々に参列できぬ旨を伝えましょう、その後にできるだけ早く現金書留にて送るのですが現金そのものを入れるわけではありません、手渡しする時のお香典をそのまま入れて送ります。

また、お悔やみと参列できないことへのお詫びを一言書いた手紙も添えましょう。

注意すべき点として仮通夜では渡しません、あくまで本通夜か葬儀です、本通夜で受け付けが準備されていない場合は親族の方にお渡しします。

横浜の葬儀社の採用情報・特徴

横浜で葬儀関連の勤務を希望する場合は、ハローワークやインターネットで情報を集めます。マイクロバスの運転がありますので、大型二種の運転免許を取得して、運転できる状態でなければなりません。故人や参列者を火葬場まで搬送する際には、バスに乗っている方の命を預かる事になります。急募でない限りは「採用されてから取得しても良い」としている会社もあるかも知れませんが、即戦力と期待される場合には採用率も高くなります。

どのような業務が求められるかにもよりますが、棺に入った遺体は子どもであってもかなり重いです。
また限られた時間の中できちんと葬儀に関する業務をこなさなければならない事から、ご遺族から故人の色々と話を聞かされても冷静でいられる方や、物事をわかりやすく説明し、進行を任された場合は滞りなく進めていける方、体力自慢の方などが求められていますが、実際に求人票には書かれていない事も多く、面接官はどんな所を見て合否を決めているのか気になるところです。

葬儀はどの宗教を信仰するご家族かによってやり方が全く変わってきます。「香典」と書いて受付で出すものは仏式のやり方で、キリスト教等になると不祝儀袋に書く言葉も変わってきますので、そうした知識も知っておかないと、ご遺族からクレームが出る事になってしまいます。「未経験者でも可能」と書かれた求人票もありますが、実際には経験者でないと務まらない事も多いのがこの業界の特徴です。

横浜で神式の葬儀を行う方法

身内が亡くなったら葬式をあげなければなりません。
その葬式を、神式で行う場合にはどうしたら良いか迷っている方も沢山いると思います。
神式の葬儀は神葬祭ともいい、神道の形式で行われる葬儀のことをいいます。
この神葬祭を行う人の割合は、全体から見てごく少数です。
さらにこの形式の葬儀は一般的なものとは形式を異にしているので、神葬祭を扱っていない葬儀会社もたくさんあるのです。
そのため一般的な葬儀会社ではあまり扱っていないので、この形式で葬式をあげる場合にはそれを扱っている会社を探す必要があります。
横浜にもそれを扱っている会社はあるので、心配する必要はありません。
しかしどこの会社がそれを扱っているのか、調べるのに大変に苦労してしまいます。
特に身内が亡くなって心が打ちひしがれている時に色々と調べるのは、精神的にきついものがあります。
そこで、そのような葬式を扱っている会社を紹介してくれる第三者機関に相談するのの一つの方法です。
横浜には、神葬祭を扱っている会社を紹介してくれるNPO法人がありますので、そういった機関を利用して神葬祭を行ってくれる会社を探すのが良いのです。
中には、24時間365日無料で相談に乗ってくれるNOP法人もあるのです。
規模や場所、費用に応じてそれに見合った会社を紹介してくれるのです。
ですからどこに頼めば良いか困った場合には、そのようなNPO法人に相談に乗ってもらうと良いと思います。